【業種と職種について】コールセンターのオペレーターは何業か【業界分類一覧のリンクあり】

こんにちは。タカヤマタクマです。

今回はコールセンターの業種と職種について取り上げます。

この問題はきちんと情報提供してくれるサイトが見当たりません。

そこで実際にコールセンターで働いている立場から、一度この問題について情報を整理しておきたいと思います。



コールセンターの業種は、なに業か

コールセンター業種や職種が問題になるのは、確定申告など提出書類がある場合です。

又は友達や親戚などに聞かれた時、考え込んでしまった人もいるかもしれません。

この問題は一度考えておけば、それ以上考えずに済みます。

もし迷った経験がある人は、一旦ここで考えておくといいでしょう。

まずコールセンターの業種の問題です。
業種とは、所属している会社の事業の種類のことです。

例えば製造業、農業、運送業といったものです。

ですから自分がどういう会社のコールセンターに勤務しているかによって、業種は異なります。

例えば自動車事故受付のコールセンターであれば、保険業になると思います。

またパソコンやプロバイダのテクニカルサポートであれば、IT業、IT通信業、情報通信業、様々な言い方ができます。

従って業界を聞かれた場合は、自分の会社が一般的に何業界かを考えてみるといいと思います。

参考情報として、以下のページを参考にしてもいいかもしれません。

新卒の方向けに業界の分類をしてくれています。

業種の便利な言い方

では次に、それでもよく分からないとか考えるのが面倒な方に、1つ良い方法をお伝えします。

先程申し上げたように業種とは本来、その会社の事業分類を指す言葉です。

例えば勤務している会社が、メーカーだったとします。

すると製造業が正しい分類となりますが、ここではもう一歩踏み込んで考えたいと思います。

例えメーカーであっても、純粋に物づくりしかしていないという会社はまずありません。

自社が作った商品に対して、カスタマーサポートを提供しなければいけないはずです。

カスタマーサポートは、サービス業です。

そのあいまいさを利用して、サービス業と答えてしまうのもありだと思います。

つまりは製造業ともいえるし、サービス業ともいえるということになります。

これはメーカーだけでなくて、どの業界のコールセンターでも同じ考え方を適用できます。

はっきり言って業種とか職種のことを考える時間は、有益とはいえません。

私もサービス業と答えることが多いです。

コールセンターの職種は何か

次に職種について申し上げます。

業種が会社の事業の分類を指すのに対して、職種とは「その人がどういう仕事をしているか」です。

どの業種でも営業は営業です。

もう少し分けると、企画営業、ルート営業など様々に分かれます。

事務の場合でも同じで、経理、総務など様々な職種があります。

ではオペレーターの場合はどうなるでしょうか。

私は「テレフォンオペレーター」と答えると、はっきり伝わりやすいと思います。

ただ以下のような考え方を知っておくと、何かと便利です。

インバウンドのオペレーターの場合
事務としてのテレフォンオペレーター →事務

アウトバウンドのオペレーターの場合
営業としてのテレフォンオペレーター →営業

つまりインバウンドの場合は、「事務」と答えてもあながち間違いではありません。

実際にコールセンターで電話を受けていると言ったら、「事務」と分類された経験があります。

アウトバウンドの場合も同じで、「営業」と答えてもいいかもしれません。

私は現在インバウンドのコールセンターで働いています。

単純に書き込む欄が小さい場合は事務と書く場合もあります。

業種と同じように、職種という言葉もあいまいなところがありますが、時にはそのあいまいさを活用するといいでしょう。

実際に私は業種や職種をどう答えているか

最後に実際私がどう答えているかについて書きたいと思います。

私は確定申告で「サービス業」と書きます。

職種を聞かれた場合、用紙やウェブ入力では「テレフォンオペレーター」と答えていますが、実際に会って聞かれた場合は「コールセンターで電話を受けています」と答えています。

これを基本に、その時々で言い方を変えることもあります。

例えば相手の質問の趣旨に、会社の業界をたずねる意図が含まれていたとします。

その場合には、情報通信業とかIT業などと答えています。
このあたりは電話対応と同じです。

相手がどういう意図を持って質問しているか、それを踏まえて答えるといいでしょう。

また相手にあまり情報を教えたくない場合や、コールセンターの仕事であること自体を教えたくない人もいるかもしれません。

そういう場合は、よりあいまいな言い方にします。

例えばインバウンドのパソコン関係のサポートであれば、「サービス業のテクニカルサポート」という言い方です。

契約や受注のコールセンタでは「サービス業の受注処理」などでもいいかもしれません。

これから春にかけて、何かと業種や職種を聞かれる機会が増えてきます。

もしかしたら、自分が質問する側になるかもしれません。

その時に備えて、ここでイメージトレーニングをしておくことをおすすめいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。