必見!コールセンターお悩み相談室

実際に働いている立場から見た、様々な口コミやお役立ち情報をお届けしています。就職・転職、ストレス解消をしたい方も、ぜひどうぞ!

【芸人】コールセンターで働いていた芸能人について調べてみた【有名人】

264d0505a99e82445f1246f534bc9185_s


こんにちは。タカヤマタクマです。

今回は、はし休めの話題を取り上げます。

コールセンターで働いていた芸能人について書きたいと思います。






サンシャイン池崎さん、アンゴラ村長さん、オリエンタルラジオ

コールセンターでどういう芸能人が働いていたかを調べてみました。

調べる前から私が知っていたのは、サンシャイン池崎さんです。

彼は池袋のコールセンターでテレアポをしていたらしく、最高月収が80万円あったそうです。

テレアポはインセンティブの大きい仕事が多いので稼ぎやすいのですが、さすがにここまで稼げる人は珍しいでしょう。

きっとやり手だったのでしょうね。

次に、にゃんこスターのアンゴラ村長です。

彼女の情報はあまり見つかりませんでしたが、テレアポの仕事だったと言われています。

あとオリエンタルラジオの2人は、自動車事故受付のコールセンターでアルバイトをしていた時に出会ったようです。

私は知りませんでしたが、一般的に言うと少し有名な話とのことでした。

彼らの元同僚だった人らしき人の、こんな書き込みを見つけました。

昔 正社でコールセンター部門の主査していた 夕方からのショートでオリラジの藤本と中田がいたわw

二人とも仕事できていた
特にチャラ男が完璧だった

解読不明のきったない文字だけど

【激務】コールセンターで働く奥様【高時給】 

藤本ではなく藤森さんですけどね。

いや分かります。

確かに藤森さんのようなチャラいけれど、真面目なところを兼ね備えているタイプは、この仕事に向いている人が多いです。



ナイツ塙宣之さん

次にもう少し多くの情報が見つかった人を取り上げます。

お笑いコンビ、ナイツの塙宣之さんも、コールセンターの夜勤をしていたそうです。

僕は結局、最終的にコールセンターの夜勤アルバイトにたどり着きました。

夜10時から朝9時までで、芸人の仕事をしながらでも働けましたし、3年ぐらいやりましたね。

コールセンターならお客さんと顔を合わせることもないし、涼しい環境で座っていられるし。 やっとラクできるバイトを見つけたと思いました。

10年かかりましたけどね。

スターアルバイト烈伝★ナイツ(後編)|バイトル 

塙さんの職場には、他にじゅんいちダビッドソンさん、Wコロンの 木曽さんちゅうさん、バイきんぐの西村瑞樹など、今では売れっ子となった多くの芸人が働いていたようです。

確かに夜勤のインバウンドのコールセンターは、狙い目だという話は聞いたことがあります。

もちろん全部ではないと思いますが、電話が少ないとか、仮眠時間があるところもあるそうです。

確か塙さんはボケの方だったと思いますが、私の感覚でいうとインバウンド、つまり電話を受ける側は、ボケの方がいいのかなという気がします。

というのは、客がつっこみ側の役割となる場合が多いからです。

とにかく電話が鳴ったら話しまくる人が多いですからね。

逆にお客様がボケても、つっこみを入れることはできませんし。

芸人さんの話術は、きっとさぞかし役立ったことでしょう。

ワークポート

オアシズ大久保佳代子さん

次にご紹介したいのは、大物女性芸人の大久保佳代子さんです。

彼女はなんとベルシステム24のコールセンターで働いていたそうです。

こちらも塙さんと同じく、インバウンドの仕事だったようです。

ベルシステム24のサイトに、彼女のインタビュー記事がありました。

面白かったところを引用したいと思います。

けど、目の前でお客さんに怒られてるわけではないし、電話だから大丈夫っていう気持ちでし 言われたことをあまり自分の中で響かせないようにしてました

全部正面から受け止めてると、嫌な気持ちになって落ち込んだりするので、流す技術はうまく使ってたかもしれません。

ベルシステム24 独占インタビュー!オアシズ大久保さんのOL時代を支えたコールセンターのお仕事

他には、こういう客はこういうパターンで対応するという風に、自分の中でノウハウが育ってくると、 それほど大変ではなかったというようなことも仰っています。

確かにそうなんですね。

よく「コールセンターの仕事はクレームが大変でしょう」と言われたりもしますが、はっきり言って慣れたらどうということはありません。

大久保さんも、さぞかし優秀なオペレーターだったことでしょう。



小手伸也さん

芸人さんばかりを取り上げましたが、最後に俳優を取り上げます。

月九ドラマでブレイクした小手伸也さんです。 彼はなんと売れっ子になってからしばらくの間、通販番組のコールセンターの仕事をしていたそうです。

今では俳優業が多忙になりすぎて、シフトに入ることができなくなったため、仕事を辞めざるを得なくなったそうです。

芸能界の仕事が忙しくなったので、週に1回一コマ(4~9時間)のバイトしか出来なくなった。

売れて調子に乗らないように自分への鎖としてバイトは辞めないらしい。

俳優小手伸也がコールセンターでまだバイト!?結婚は?ブレイク後の悩み 

今年の2月の時点では、まだ働いていたようです。

なぜ彼がそこまでコールセンターの仕事にこだわっていたかというと、芸能界の仕事は不安定だから、安定収入を得ることが大切だと考えていたそうです。

しかしただそれだけではなく、こういう風に感じてもいたようです。

高圧的な客からの理不尽な要求などにも対処しているが、こういう経験を経て日常と繋がっている実感を得られるし、人としてお金を稼ぐことの大切さを学ばせてもらっていると感じている。

俳優小手伸也がコールセンターでまだバイト!?結婚は?ブレイク後の悩み 

素晴らしいお考えですね。

もし芸能界を目指してる方は、コールセンターの仕事がおすすめです。

確かに慣れないうちは大変ですが、食いっぱぐれがありませんし、シフトもある程度自由がきくので、芸能活動と両立しやすいからです。

夢を追いかけてる方は、ぜひご検討ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コールセンターへの就職・転職をお考えの方は、ここからどうぞ!

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス


退職代行アルマジロ


テレマーケティング一括比較

5ちゃんねるのコピペから客が混乱している場合の対応を考えてみた【110番方式】

89f5cc97a9521d03fd585f4e2c316f47_s


こんにちは。タカヤマタクマです。

今回は5ちゃんねるで有名なコピペの話をしたいと思います。

このコピペは有名なようですので、ご存知の方もいるかもしれません。






5ちゃんねるのコピペ

まずはそのネタを引用したいと思います。

女『車のエンジンがかからないの…』

男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く

女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』

男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』

女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』

男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』

女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』

男『…ライトは点く?点かない?』

女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』

男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』

女『え?ごめんよく聞こえなかった』

男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』

女『何で?』

男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』

女『何の?』

男『え?』

女『ん?』

男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』

女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』

男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』

女『もしかしてちょっと怒ってる?』

男『いや別に怒ってはないけど?』

女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』

男『だから怒ってないです』

女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』

男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』

女『何が大丈夫なの?』

さっぱり理解できない「バッテリー女」のコピペ



行動することに焦点を当てる

このコピペを読んで、どのように思われたでしょうか。

女性の皆さんの名誉のために申し上げると、こういう人は男女関係なくいるものです。

この男性の方は、とても親切に対応しています。

ただコールセンターで働いている立場からみると、少し改善の余地があるように思われます。

まず私が考えた改善点は、混乱している人に情報を与えすぎていることです。

混乱して問い合わせをしているということは、要するに情報を整理しきれていないということです。

男性はとても丁寧に対応していますが、それが仇となっている感があります。

現在の情報を整理できていない人には、たとえ親切心からであっても、それ以上情報を与えて混乱させない配慮が必要です。

ではどうしたらいいでしょうか。 私は必要最低限の情報だけを、ピンポイントで返しています。

私の観点でコールセンター流に返答するとしたら、「ライトは点きますか」と返します。

そこでで見当違いの言葉が帰ってきたら、「大変申し訳ございません。最初にライトが点くか、確認していただいてもよろしいでしょうか」と話を本題に戻します。

普段はこういう対応をしてはいけません。

ただ混乱して脈絡なく手あたり次第に言葉をぶつけてくる客の話を聞いていても埒があきません。

時にはこういう方法をとるしかないことがあります。私はこういうやり方を、110番方式と呼んでいます。

ここでのポイントは、やってもらいたい行動だけにフォーカスしていることです。

人の意識を、質問から行動へ誘導してあげるといいでしょう。

そうしないと、この種のパターンでは永遠に話がズレていくことがあります。

ワークポート

安心感を与える一言を言う

先ほどの男性の方は、一般の方としては大変良い対応だと思います。

特に相手に共感する姿勢をみせるのは、なかなかできないものです。

ただ今回はむしろそれがうまくいかない一因にもなっています。

相手に共感を示せば、相手はもっともっとと感情面に偏った話を続けることになります。

また相手が容易にこちらの言うことを聞いてもらえない場合もあります。 そういう時はどうしたらいいでしょうか。

私だったらこう返します。

「お客様、ご安心ください。私の申し上げる通りにやっていただれば解決できます」

ここで私が伝えているメッセージは2つです。

「解決する」
「だから言う通りに行動してほしい」

安心してもらうためには、自分が解決できる方法を知っていると思わせないといけません。

相手に余計な情報処理させないように、シンプルにズバリと言うことが有効です。

「なんとかなりそうだ。だったら言う通りにしよう」と、相手に刺さる言葉を考えてみるといいでしょう。

では解決できなかったらどうするのか心配するかもしれませんが、その必要はありません。

もちろん解決できない場合もありますが、その場合は解決できない理由を、きちんと説明すればいいだけです。

それよりも先に、感情の初期消火をすることが優先だと思います。



状況を中間整理して次の行動を促す

ではいくつか行動に移してもらった後は、どうすればいいでしょうか。

その段階ではある程度問題が切り分けられて、解決の糸口が見えている場合も多いと思います。

次のフェーズは、状況を中間整理するフェーズです。 ただあまり長々と話す必要はありません。

「〇〇の問題かもしれません。今度はそこをもう少し確認していきましょう」

こんな程度でかまいません。

先程の会話例で男性は、最初からバッテリーが原因かもしれないと言っていますが、女性はバッテリーとライトと、どちらのことを考えたらいいのか混乱しています。

先程申し上げたように、この場合まずはライトが点くかという行動だけにしぼって進めるのが得策です。

その後に「バッテリーかもしれない」と話を一旦整理して、では次にこれをしようと提案すると、よりスムーズに次の行動へと繋げられます。

ずっと行動の指示だけだと、客が何が何だか分からず不安を抱えたままなので、適宜進捗を小出しにすることによって、不安を解消していくといいでしょう。

後はその繰り返しです。

最後にポイントをまとめておきましょう。

1.まずは何をしたらいいのか、行動だけ指示する
2,見当違いの答えが返ってきたら、丁寧に本題に戻す
3.なかなか行動に移してもらえない場合は、安心感を与える一言を加える
4.切り分けが進んだら、一度状況を整理して、更なる行動を促す


こういう件はSVに相談しても「根気よく対応してください」程度のことしか言われないことも多いと思います。

しかし根気よく対応していると、冒頭での会話例のようになるものです。

もしお困りの方は、私の方法を選択肢として加えてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コールセンターへの就職・転職をお考えの方は、ここからどうぞ!

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス


退職代行アルマジロ


テレマーケティング一括比較

コールセンターの仕事に慣れるまでの期間について【どのぐらいで仕事に慣れるのか】

a1644ebd9dfacf8865bab78d34e2d851_s


こんにちは。タカヤマタクマです。

今回は特にこれからコールセンターの仕事を始めようとしている人に向けて書こうと思います。

ベテランの方も、自分の新人時代を思い出しながら読んでいただけるとうれしいです。




そもそもコールセンターの仕事の適性がない人もいる

さて一般的にコールセンターで働き始めた人は、どのくらい経つと仕事に慣れたと感じるものでしょうか。

もちろん一概に言えることではありません。個人差がとても大きいと思います。

また仕事の難易度、扱うサービスや商品の種類の多さなどによっても異なります。

ただ新人さんからすると、どのぐらいで仕事に慣れることができるのだろうかと、不安を感じるのは仕方ありません。

先程申し上げた前提をふまえた上で、私の独断と偏見で申し上げていきたいと思います。

私はこれまで3つのコールセンターで働き、その中の1つでは、途中で新しいコールセンターの立ち上げにもかかわりました。

つまり3社で4種類のコールセンターの仕事を、何も知らない状態から始めました。

今回はそれらの経験と自分が見てきたことから、率直に申し上げていきたいと思っています。

まず最初に大変厳しいことを言うようですが、どうしても最後まで仕事に慣れないと感じる人もいます。

全く適性がない場合です。そういう人は、おおよそ1年以内に辞めることが多いです。

私はこれまで辞める人を大勢見てきましたが、合わない人で1年以上働いているケースは稀です。

つまり1年というのが一つの目安になるかもしれません。

逆にいえば、1年後も生き延びている人は、それなりに適正のある人です。

次にある程度適性がある人が、どのぐらいで仕事に慣れたと感じ始めるのか、私の意見を書いていきたいと思います。



適性のある人の場合

私の感覚でいうと、新人さんは半年ぐらい経過したあたりから、少し中堅っぽい雰囲気が出てきます。

実際に新人さんが育っていく過程を沢山見てきましたが、半年ぐらいすると「少し余裕が出てきたかな」と感じることが多いです。

では3ヶ月ではまだ慣れることはないのでしょうか。

中にはコールセンターの仕事に対して天才的に適性があって、3ヶ月で全く不安を感じさせない電話対応をしている人もいます。

しかしそういう人はかなり稀です。

もちろん半年というのは、あくまで目安にすぎません。

ただそのあたりで少しだけ慣れた感じを漂わせている人が、1年後も生きのびているように思います。

逆に言うと半年が経過しても、全く先が見えない暗中模索状態になっていると、残念ながら辞めていく人が多いです。

おそらく1年経過しても仕事に慣れた感じがしない人は、最後まで慣れたと感じることはないかもしれません。

慣れたと感じている人であっても、辞めていく人もいるぐらいですから。

半年以内に少しだけでも自信を付けたいところです。

ある程度適性がある人に必要なのは、とにかく場数です。

コールセンターの仕事は「習うより慣れろ」ですから、半年間は電話をとることに集中するといいでしょう。

ワークポート

サポート環境に問題がある場合

一方で環境の問題が足かせとなっているケースもあります。

たとえば運営部門やスーパーバイザーのサポート体制がしっかりしていない場合、新人は仕事に慣れるのに時間がかかります。

私にも新人時代がありました。

私は当時のスーパーバイザーが、教育に熱心ではなかったこともあって、基本的に放置に近い状態でした。

しかも当時そのセンターでは、ナレッジシステムがあまり整備されていませんでした。

毎日本当にこれでいいのか分からないまま仕事をしていたものです。

私以外の新人がごっそり辞めていったため、途中からは環境が整ってきましたが、それまでは私も場当たり的な対応ばかりしていました。

私は半年経過時点で、まだ本当にこの仕事でやっていけるかどうか、全く自信がありませんでした。

ただそれでも解決の糸口があるものです。

もし環境に問題があるならば、周囲のオペレーターから教えを乞う方法がおすすめです。

なぜなら長く勤めているオペレーターは、そんな劣悪な環境でも適応できているからです。

つまり慣れている人にどうやっているのか聞いて、自分も慣れたらいいということです。

もちろん環境に問題がないコールセンターでも同じことがいえます。

慣れていない人は、まず慣れている人と仲良くなって、いろいろ話を聞いていただきたいと思います。

それが仕事に慣れる一番のコツです。



積極的に動くことの必要性

これまでの話をまとめておきましょう。

仕事に慣れない人には、以下の3つのパターンがあると思います。

1.絶対的に適性がない
2.場数の絶対数が足りない
3.サポート環境が整っていない

1.については申し訳ありませんが、効果的な対策はありません。

私が実際に知っているケースでは、もともと電話で話すことが好きではなかったと言っている人もいました。

そういう分かりやすい例以外でも、やってみたらどうしても合わないという人もいます。

そういう人でも小さな自信を積み重ねていけたら続くケースもあるので、それに賭けるしかありません。

一方2と3については、充分乗り越えていけるハードルです。

2.は「習うよりも慣れろ」方式で、それなりに形になってくるものです。

3.は先輩オペレーターなどのサポートが得られたら、続けていける場合があります。

ただ共通していえるのは、受け身の姿勢ではいけません。

「いつになったら慣れるのか」ではなく、「慣れるために自ら積極的に動いていく」必要があります。

最初の目標は、「半年で小さな自信を持てるようにすること」です。

最初の半年で少しだけ自信がついてきたら、その方法が間違えていないということですから、その方法を更に半年継続します。

すると1年が経過して、いつのまにか慣れたと思える状態になります。

そういう区切りに向けて、自ら積極的に動いていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コールセンターへの就職・転職をお考えの方は、ここからどうぞ!

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス


退職代行アルマジロ


テレマーケティング一括比較
最新記事
プロフィール

タカヤマタクマ

私はこれまで3つのコールセンターにて合計15年間、電話応対してきました。

その経験を活かして、コールセンターの仕事に従事する人に向けて、役立つ情報を発信していきたいと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。

QRコード
QRコード
ブログランキング



Privacy Policy